2011年05月30日

我何故にそれを買いしか032:ノートPC冷却用品編

無しではもうやっていけません。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
ノートPCが、使用するとすぐ熱を持つようになったため。

○こだわり
ノートPCと共に持ち歩きたいので、軽量なもの。

○事前調査・予算設定
Amazon.co.jpで引っ掛かったもの。予算は3,000円まで。

○購入品
エレコム 冷え冷えクールブリザード ノートパソコン冷却台 SX-CL02MSV 1,936円
http://www2.elecom.co.jp/accessory/cooling-sheet/sx-cl02/
laptoppccooling.jpg

○購入場所
Amazon.co.jp

○購入にあたって気に入った点、注目した点
最初は冷却ジェルを考えていたのだが、放熱しないため熱吸収後はかえって熱くなるというコメントを複数見て、候補から消した。金属板も同じ理由で候補から落とし、やはりファンものにしようと決意。Amazon.co.jpにて「ノートPC 冷却」で検索したところ本製品がトップに挙がり、星の数多め、リーズナブル価格、褒めコメント多し、何より重くないという点で即決。ACコンセント充電だとケーブル長だの気にする必要が出てくるため、USB給電ができるところも良かった。ただし、それがA4サイズ対応だったので、慎重に自分の所有するB5タイプに変更した。

○競合
ジェルや放熱板など。

○使用してみての感想
ノートPCが極端に熱くならなくなった。風は緩やかだがある量があり、膝に置いて使うと脚が冷える。通常と強風の2モードあるが、音は強風で若干風切り音がするものの通常モードだとほぼ無音で、ノートPC本体のほうがずっとうるさいくらいである。しかし、この記事を書いている今、通常モードで勝手にスリープすること実に10回近く・・・今は強風モードにして事なきを得ている。やっぱりPC自体を分解してお掃除せねばならんかのう。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
十分にリターンは得られた。これ無しではもうノートPCを使えない。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
ノートPCをメインで長時間使用する人。

○予想positioning
今回は略。

○予想競合
サンワサプライ他

○自分ならこうするかも
1. 機種別の最適フィン角度をウェブページ上で示す。
2. AC給電版も作る。いや私はUSB給電のほうが良いのだが、少ないUSBポートを占有されると困る場合があるかもしれない。USBハブを付ければ良いのか?
3. ノートPCとこのクーラーを同時に持ち歩けるようなPCバッグあるいはカバーをセット販売する。
4. プレートタイプとの併用でどのくらい冷却性能が変わるか、ウェブページで示す。
5. 商品名がメーカーウェブサイトの「冷え冷えクーラー」なのかAmazon.co.jpの「冷え冷えクールブリザード」なのかはっきりさせる。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

我何故にそれを買いしか031:熊本市内郷土料理店(サービス)

ふらっと入って当たると嬉しいものである。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
夕食を食べるため。

○こだわり
馬刺し他郷土料理の美味しいところ。同行者の好みにより、なんとかダイニングみたいなところでなく老舗・職人・地元食材などのキーワードがあてはまるようなお店。

○事前調査・予算設定
宿に置いてあった無料るるぶ等はチェックした。予算はあまり考えていなかったが、お酒を入れて数千円半ばであれば。

○購入品
郷味 洲さき 郷味コース(7品くらい)2,950円、他
http://www.tabimook.com/aji/tenpo/index.php?tp_id=susaki
 ※URLはお店オフィシャルサイトのものではなく、美味しそうに紹介しているサイトのもの
kumamoto-susaki.jpg

○購入場所
このお店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
熊本市を初めて訪れ、下通エリアに飲食店がごっそり集まっていることはわかったものの、どの店も馬刺しや辛子蓮根を提供していて決め手に欠け、迷った。歩いているうちに、雑誌記事の切り抜きが通り沿いの雑居ビル1階に貼ってあるのが目に入り、その記事に「親子2代」「東京の名店で修業」「郷土愛」というキーワードがあったので「ここは外れないだろう」と(同僚が)勘を働かせ、入ってみることに。

○競合
いやあ、下通エリアにおける飲食店の多さには、水商売系のお店もかなりの割合を占めるとはいえ驚いた。他に「ここかも」という店もいくつかあったが、大衆的過ぎる(同行の同僚があまり好まないテイスト)雰囲気だったので見送り。

○使用してみての感想
一見さんがふらっと来ることは珍しいという、会合や接待などで主に使われるお店だとのこと。それなのに家族経営のせいなのか気取らない雰囲気で、熊本郷土料理を一通り試せるコースもリーズナブル価格と、見事な当たりくじを引いた。水前寺海苔(淡水で取れるという天然記念物!)、馬刺しに揚げたて辛子蓮根、一文字ぐるぐる(ワケギを茹でてぐるぐる巻いて酢味噌で食べる)等の郷土料理ももちろん美味しかったが、一本釣りで取れたという鯵(目に濁り無し!真っ黒!)と生け簀から出してさばく(だっけ?とにかく熊本では珍しいような話であった)蛸の刺身がそれぞれ絶品であった。ここはいつかプライベートで熊本に来る時に再訪すると決めた。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
コースにお刺身を追加してお酒も飲んだ割には高くなく、内容を考えるとリターン多過ぎである。ご馳走様でした。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
激安でなくて良いので美味しい郷土料理を食べたい観光客と、料亭の味を少々気軽に、でもあまりくだけ過ぎない環境で食べたい地元の人。

○予想positioning
ポジショニングをがっつり考えないでいただきたい気がするので、今回は予想を行わない。

○予想競合
今回は予想を行わない。

○自分ならこうするかも
こうする=また食べに行く 今回はマーケティング分析になっていないな・・・。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

我何故にそれを買いしか030:ソフトクリーム編

たまに無性に食べたくなるのです。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
急に食べたくなったので。

○こだわり
ミルクの味がしっかりするもの。

○事前調査・予算設定
食べる予定がなかったので事前調査は特に無し。予算は精々300円台まで。

○購入品
ミニストップ 石臼挽き抹茶ミックスソフト 198円
http://www.ministop.co.jp/menu2/detail.asp?ID=740
http://www.ministop.co.jp/ministopfan/softcream/flavor/maccha2011.html
soft-icecream.jpg

○購入場所
プチ出かけ先途中のミニストップ

○購入にあたって気に入った点、注目した点
元々はお茶を買いたくてコンビニに入ったのだが、それがたまたまミニストップであり、そこで「10年ぶりに美味しくなったバニラ」との幟を見てしまったので、もうソフトクリームを食べずにいられなくなった。ミニストップのソフトクリームはミルク味が結構濃い目であると記憶していたので、それが美味しくなったのであれば試す価値ありと考えた。しかし、レジに行くと「地域限定」とあった抹茶ミックスも美味しそうに見えてきて、結局そっちを選択。やれやれ。

○競合
特に無し。近くにキハチのソフトクリーム屋さんでもあれば競合だったかも。

○使用してみての感想
抹茶の香りが濃厚だが味は意外にすっきりしており、くどくなくて美味しい。コーンもさくさくして食感が良い。どちらかというと上品な味なのだが、ミルクが多いせいなのか?上品過ぎないのも良い。コンビニで気軽かつ手軽に購入できる価格でこの水準は、なかなか実現するのが難しいのではないか。気合い入っているなあ。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
200円でこれなら十分にリターンが得られた。また食べたい。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
美味しいジャンクフードを手軽に食べたい時。

○予想positioning
soft-icecream-ax.jpg

○予想競合
コンビニではないんだろうね、マクドナルドやケンタッキー等の大手ファーストフードがライバルか。元々は商業施設の売店ソフトクリームが競合だったんだろうか。

○自分ならこうするかも
1)タピオカなど、プチプチした食感のものを混ぜたものなど、味でなく食感で新たな商品ラインを作る。ソフトクリーマーがそれに対応するかは不明だが。
2)ソフトクリームとホットお茶のセットを販売する。甘いものを食べた後はお茶でさっぱりさせたくなるから。
3)特定の時間帯だけしか食べられないフレーバーを販売する。深夜帯だけのワインソフトとか。
4)ソフトクリームを作る機械をお客から見える位置に移動させる。ソフトクリームマイスター制度を取っているならば、その人の技を見て買いたい。
5)地域限定や期間限定で違うコーンも選べるようにする。黒胡麻コーンとか。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

我何故にそれを買いしか029:調味料入れ編

乾物の並ぶ台所にしたかったのです。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
乾物を棚の中でなくキッチン調理台上で保存できるものが欲しかった。

○こだわり
中身が一目でわかるように無色透明。

○事前調査・予算設定
事前調査は特に無し。予算はあまりちゃんと考えていなかったが、1,000円台くらいで収まればいいなとは思っていた。

○購入品
ニトリ 調味料ラック ポット3個付き 確か990円
http://www.nitori-net.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=8987372
http://www.nitori-net.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=8912179
 ※上記URLの商品達とはラック形状が異なるが、参考までに
spice-pot.jpg

○購入場所
ニトリ つくば店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
小さめの調味料ポットが欲しかったので、サイズ面で希望に近いと感じた。ポットを複数個並べたかったのでセットになっている点、そして小さめサイズが故に無駄になりがちな垂直方向のスペースを活用できる点が気に入った。収納部分の材質がガラスでないのは残念だが、割れるリスクが少ない点と価格を考えれば妥協できると考えた。

○競合
特に無し。ニトリになければ無印良品やキッチン用品専門店、ホームセンターを覗く予定であった。でもニトリが一番安いはず。

○使用してみての感想
乾燥昆布、煮干し、干し椎茸を収納。いいねえ、こんな風に乾物をキッチンに並べてみたかったのだ。スプーン付きなので粉状のものを入れる手もあったが、既に使っていた容器から移すのが面倒だったので、購入前に棚奥にしまわれていた乾物類を日の当たる場所に出してみた。蓋の支点を親指で押さえることにより片手で開けられる構造は、料理中ありがたい。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
これが1,000円しないとは凄いねえ。リターンは既に得られた。まだまだ使いますぞ。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
インテリア用品全般の値段を抑えたいが、統一感は欲しい人。

○予想positioning
spice-pot-ax.jpg

○予想競合
価格面では無印良品やIKEA、デザイン面ではホームセンターの雑多なメーカー。

○自分ならこうするかも
1)売れ筋商品はデザイン変更せず「定番」シールを貼ったりして入れ替えない。後で買い足そうと思っても同じ商品がなくて残念に思うときもあるので。無印良品はその辺ドラスティックに入れ替えたりしないので安心なのだが。
2)http://www.nitori-net.jp/shop/category/category.aspx?category=p105#laund 購入者がイメージし易いよう、このようなコーディネート例をもう1-2パターン作る。
3)上記コーディネート例に、トータル購入金額を明記する。・・・いや、しない方がお財布が開きやすいかも。
4)ベビーベッドを中心とした新生児向けセットを作る。生まれた時からニトリのある生活!
5)オレンジページ等の料理系雑誌で紹介してもらう?いや、必要ないかな


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

我何故にそれを買いしか028:ネタ食品編

名古屋メシ→喫茶マウンテン→奇食の館さん過去ログ→この商品 という流れでした。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
開けたときの笑いが欲しくて、ネタとして購入。

○こだわり
できるだけ本物らしいもの。

○事前調査・予算設定
事前調査は奇食の館さんサイト http://kisyoku.info/oppai2.htm 他、商品名でGoogle検索。予算は、1個あたり300円以下でしょうなあ。

○購入品
よしだ聖菓 おっぱいプリン 10個入り1,260円
http://www3.omn.ne.jp/~pudding/
pudding-breast.jpg

○購入場所
よしだ製菓ウェブサイト 注文ページ

○購入にあたって気に入った点、注目した点
名古屋に行くにあたって現地で食べるものを検索した→なぜか名古屋の有名な山らしい喫茶マウンテンというのがヒット→多数ある登山体験記の中でも奇食の館さんが面白かった→他にも変なものいろいろ召し上がっているのねと過去ログ→本商品発見 の流れ。お菓子を作っているのが電器屋さんというシュールさに笑った。商品画像を見ただけで伝わるプルンとした食感が面白く、夫に食べさせようと考えた。発送の場合は10個からという条件により食べきれないリスクを抱えるも、勢いで購入。

○競合
どうも同じ製造受託メーカーが作っているらしい、ご当地おっぱいプリン達
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3/551167/p.0-s.1-sf.0-st.A-v.2
 →パッケージに品がないので見送り。こういう商品は商品そのものが一番の笑いポイントなのだから、パッケージで笑いに走る必要はなく、ただ品良くまとめれば良いのでは。乳首部分が後付けなのでリアルさに劣る点も残念。

○使用してみての感想
期待通りのぷるん度合いであった。これはやはりお皿に2個並べて食べるものであろう。おっぱいからの連想なのかかなりミルク風味の濃い味であるが、洋菓子激戦区のつくばで卵たっぷりのプリンを食べ慣れてしまった舌には、ゼラチンで固めた食感と意外に強めの甘さがちょっと合わなかった。でも面白い。残り6個は夫が勤務先に持って行った。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
面白かった分、リターンはある程度得られたと考える。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
ネタ食品好き。ネタ食品を面白がれる人。

○予想positioning
ううむ、ポジショニングを考えての製造・販売ではないような気がする。

○予想競合
競合というより、同じ商店街?の反応が気になる。

○自分ならこうするかも
販売を拡張したいのかどうかをまず製造者さんに確認するかも。ははは


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

我何故にそれを買いしか027:お風呂用洗剤編

何でも天然にこだわるわけではないのですが。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
連休中に多少なりとも大掃除をしたかったため。

○こだわり
できるだけ天然成分のもの。

○事前調査・予算設定
事前調査はAll Aboutのお掃除カテゴリー。予算は、何度も使えて数百円。

○購入品
丹羽久 クエン酸 300g 399円
http://www.niwakyu.com/category_kuen.html
acid-citric.jpg

○購入場所
自宅近くのホームセンター

○購入にあたって気に入った点、注目した点
排水口を掃除するにあたり、重曹とクエン酸の組み合わせでかなり落ちるらしいとわかり、試したくなった。重曹は元々掃除用として所有していたので、クエン酸の購入を決意。

○競合
友和 重曹+お酢 台所クリーナー
 →元々所有しており、詰め替え用もあるので、今回の購入は見送り。界面活性剤が入っているせいなのか、重曹と酸の反応が終わった後だからなのか、洗浄力は少々弱い気がする。
大手トイレタリー用品メーカー製の洗剤類
 →今回は重曹と組み合わせたかったので、見送り。

○使用してみての感想
300ml弱の水に小さじ2程度のクエン酸を入れ、霧吹きに入れて使用。お風呂の排水口にたまったヘドロは、重曹にクエン酸水をスプレーして発生したシュワシュワ泡によって見事に落ちやすくなった。古歯ブラシでこすった後にすすぐという作業を2回繰り返し、かなりキレイになったと思う。しかし、この掃除性能は、台所コンロにこびりついた油汚れに対してより発揮された。オレンジ系とかいう合成洗剤で落ちなかった汚れが、シュワシュワ泡であっという間に落ちたのは気分良かった。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
水に溶かして使えば結構長持ちするように思うので、リターンはすぐ得られそう。合成洗剤よりは高くつくだろうが。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
安全性や環境保護を考え、天然素材で掃除したい人。

○予想positioning
acid-citric-ax.jpg

○予想競合
花王のバスマジックリン、ライオンのおふろのルック、ジョンソンのカビキラー等、大手トイレタリーメーカー製合成洗剤。

○自分ならこうするかも
1)「除菌もできる」とのコピーなので、どう使えば除菌できるのかパッケージに記す。正直今私がわからないので。
2)自社の重曹商品に比べてパッケージが目立たないので、重曹商品と同じメーカー製品だとわかるようデザインを統一し、色味だけ変えるようにする。
3)自社ウェブサイトの「メディア紹介」リンクが切れているのを修正する。または、この欄を取る。
4)バスボム向けのハーブ入り重曹+クエン酸セットを作り、合わせて販売する。
5)コストパフォーマンスの良さを説明する。環境保護というお題目だけではお財布が開かない人向けに。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

我何故にそれを買いしか026:有料トイレ(サービス)編

おトイレおばさん(おじさん)のいる国も多いからねえ。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
自然が呼んだため。

○こだわり
無し。有料のところを滅多に見ないため。

○事前調査・予算設定
事前調査無し、予算無し。

○購入品
東京駅八重洲北口1階 キッチンストリート内有料トイレ 100円
http://www.tokyoinfo.com/guide/station/toilet.html
http://blogs.yahoo.co.jp/libertykomachi/27999398.html ※個人の方のblogページ
tokyostationrestroom.jpg

○購入場所
トイレ脇に支払い口があった。

○購入にあたって気に入った点、注目した点
有料というのが面白そうだった。2階および地下1階に無料トイレがあるとの表示も見たが、お酒の酔いも手伝って面白そうなほうを選択。単に階を移動するのが面倒だったという理由もある。100円はちょっと高いかな。管理人さんが常駐するブースがあったが、私の訪問時は遅い時間だったせいか誰もいなかった。

○競合
特に無し。

○使用してみての感想
キッチンストリートにある店舗で飲食する(そして希望する)とメダルがもらえるらしいが、知らなかった自分は100円硬貨が使えたのでそれを投入、するとドアが開いた。うん、インテリアというのか調度品というのか、落ち着いた色調の木を貼ってあって駅にしては高級感があり、また各所磨いてあるキレイなお手洗いであった。しかし、百貨店上階の高級ブランドを扱うフロアにあるお手洗いともの凄く大きな差はないかも。トイレ部分より化粧直しゾーンの清潔さが際立っていたかもしれないが、化粧を直さなかったので細かな点は未確認。ははは。個室内でも大きな荷物を置けるようになっていたのが、さすがに巨大駅であると感じた。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
酔っ払っていたこともあり、リターンが得られたかは微妙。飲食店フロアにあるお手洗いはたいてい清潔度が落ちるので、そこで清潔さを保っているトイレを確保できるのであれば100円の価値がある・・・かも。まあ、そもそも無料が当たり前という感覚が乱暴な使用につながるのかもしれない。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
駅の汚いトイレが嫌な人。トイレでゆっくり着替えたい時。ゆっくり用を足したいとき(男性の利用客が多いとのウェブ書き込みをいくつか見た)。

○予想positioning
tokyostationrestroom-ax.jpg

○予想競合
駅構内の無料トイレ全般。隣接百貨店内トイレも?

○自分ならこうするかも
1)使用するためのメダルが飲食店でもらえることを入り口で示す。まさにキッチンストリート内のお店で飲み食いしていたのになあ。
2)防犯上よろしくないかもしれないが、入る前に空き情報がわかると良いかも。お金払って長時間待つとなると腹立ちそう。短気な私だけか?
3)サニタリーボックスをもうちょっと高級感あるものに変える。
4)有料トイレという呼称にならないように愛称を付ける。「静不浄」みたいな。
5)ざっと洗顔できるように、洗面台ではお湯も出るようにする。出るようになっているのかもしれないが。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

我何故にそれを買いしか025:名古屋ひつまぶし編

薬味プラスの食べ方が好きです。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
同行者が食べたがったため。

○こだわり
本当に美味しいお店を探したい。

○事前調査・予算設定
事前調査は食べログ、個人の比較/評価サイト、出張で何度も出かけている同僚の話、等々。予算は2,000円台まで。

○購入品
鰻 木屋 ひつまぶし 2,650円
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0001587421/M0023000029/
http://r.tabelog.com/aichi/A2301/A230109/23000133/
http://hitsumabushi.xtone.jp/unagi_kiya.html
unagi-kiya.jpg


○購入場所
鰻 木屋

○購入にあたって気に入った点、注目した点
同行者曰く、「初めてなら○○、コストパフォーマンスなら△△、味なら木屋」という比較評が食べログかどこかにあり、それが信用できそうだったから、とのこと。宿最寄りの名古屋駅からそう遠くもなく、行く予定であった名古屋城に近いので、多少待っても時間ロスにはならないだろうと考えた。甘辛の濃さで「好みが分かれる」という点も面白そうだった。

○競合
あつた蓬莱軒、いば昇、しら河、まるや本店、三福、等々。
 →今回は同行者がひつまぶしにこだわったため、選択はかなり任せた。

○使用してみての感想
茨城県庁や名古屋市役所などの官庁街そばにある、昔ながらのお店であった。11時開店を15分から20分ほど回っただけの訪問時間が幸いしたのか待たずに入店できたが、そこから供されるまで20分程は待ったような。いや、そんなことはどうでも良くなる程に美味しい。外側パリッ内側フワッの焼き具合、思ったより濃くはない絶妙な甘辛さのタレ、程良い炊け具合のご飯、食べ応えのあるサイズの肝がとろける肝吸い、バランスの取れた量の薬味にお出汁・・・食べるのに夢中で、食事中ほとんど同行者と会話を交わさなかった。何よりうなぎそのものの身が厚くて美味しい。あまりシステマティックでない接客も温かくて良かった。ここは名古屋に行く機会のある同僚達に教えよう。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
リターンは十分に得られた。名古屋に到着して最初に出かけたのがこのお店だったが、もうつくばに戻っても良いと思ったくらい。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
役所勤めの人達、役所を訪問する人達。

○予想positioning
unagi-kiya-ax.jpg

○予想競合
名古屋のひつまぶし屋さん全般・・・はむしろお仲間かな、浜松あたりが競合?

○自分ならこうするかも
1)お櫃を新調するか塗り直すかする。底が剥げているのも年季が入っていて良いように思うが、気になる人は気になるかも。
2)
3)
4)
5)
・・・ううむ、後が思いつかない。美味しかったのだ。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。