2012年04月30日

我何故にそれを買いしか071:結婚式挙式場所編

今後も何かとお世話になりそうな予感。

○購入したもの・選択した理由・使用した感想
筑波山神社 初穂料5万円
http://www.tsukubasanjinja.jp/cgi-bin/tsukubasanjinja/siteup.cgi?category=2&page=0
wedding-TsukubasanShrine.JPG

結婚関連において実家父の唯一の要望は、披露宴有無はともかく「結婚式を挙げること」だったため、挙式はしっかりしたところで行いたかった。私にウェディングドレスへの憧れがあまりなく、代わりに色打掛への憧れは多少あったこと、身内の前で誓いのキスなど絶対に無理だと思ったこと等から、挙式スタイルはキリスト教式でなく神前式に絞った。人前式スタイルは夫からも実家父からも反対があったので、無し。

諸事情から挙式場所をつくば周辺に限定したが、そのつくば市内で神前式を選択できる会場は二、三しかなく、そのたぶん全てをブライダルフェア等にて見て回った。一つは、あえて失礼な表現を使えば「格式」不足から即座に見送り。一つは広々とした神前挙式会場を結構気に入ったのだが、よく考えれば別の挙式会場との比較で気に入ったに過ぎず、最良の選択であるとまでは思えなかったので見送り。披露宴ならぬ食事会会場となる式場に附設の挙式場は、部屋自体の狭さや天井の低さと挙式場までの動線(美容室などバックヤード的な部屋の前を通る)に難があり、正直この選択は無しだと考えていたが、何度目かの相談の帰り際にプランナーさんが「筑波山神社も可能」と漏らし、初詣などで馴染みのある場所での挙式へ一気に気持ちが傾いた。予約自体は神社に直接申し込みを行うシステムなのが面白い。

挙式当日は幸い好天に恵まれ、厳粛かつつつがなく式を挙げることができた。あんな風にセレモニー的なものを経ることで、身の引き締まる思いがするものなのだねえ。誓詞をちゃんと読まなきゃと緊張していた夫だったが、本番でしっかり読んでいた様子に改めて惚れ直してみたり(ノロケです)。こっそり楽しみにしていた巫女舞も観ることができたし、大変満足のいく挙式であった。

○勝手に予想するsegmentation/target/positioning、勝手に企画する自分案
信心深いわけではないが、一応神様なのでマーケ分析はやめておく。

1.
2.
3.
4.
5.

Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

我何故にそれを買いしか070:結婚式披露宴(食事会)テーブル装花編

基本は花より団子派です。

○購入したもの・選択した理由・使用した感想
ブロムステル・アンナさんに依頼したフラワーアレンジメント お値段は伏せる。
http://jp.blomsteranna.com/
wedding-flower1.JPG wedding-flower2.JPG

結婚式場のお花代が結構高く、テーブルにアレンジメントを一つ増やすだけでそれなりの負担増になることがわかり、代替案を模索。複数のウェディング関連ウェブサイトにて「装花は挙式費用のうち下げどころ」的な記述を見かけたこともあり、ならばいっそ普段お花を購入しているお店に頼むほうが良いだろうと考えた。式場の方針か好意かを失念したが、外部からの装花持ち込みにプラス費用がかからなかったこともこの判断を後押しした。お店に時期やサイズを伝えたうえでいくらくらいになりそうか尋ねたところ、式場に依頼するよりお安くできるとわかったので、結構即決。他のお店は一切検討しなかった。普段ブーケやアレンジメントを依頼する際は用途・予算・希望する色系統だけを伝えて適宜作ってもらっており、今回はそれらに情報として会場テーブルクロス色や着用予定打掛の色を加えた程度だったので、お店側はイメージがつかみづらくて大変だったかもしれない・・・すみません。ついでにと言うのもおかしいが、両家両親へ贈る花束も依頼。

アレンジメントはこちらの期待以上に品良く素敵に作っていただき、テーブルを美しく彩ることができた。しかし、披露宴という程の人数でもないしという理由から食事会風景の写真撮影を依頼しなかったこともあり、お花の写真がほとんど撮影されていないことに後日気付いた。うおお、なんと勿体ないことをしたのかねえ。

○勝手に予想するsegmentation/target/positioning、勝手に企画する自分案
IKEA好きの人?北欧雑貨やそういう雰囲気の好きな人やお店。あれ、これだと自分はあてはまらないな・・・

1. 花に詳しくない人向けに、例えば切り花を長く保たせる方法を説明するメモを商品と共に渡す。
2. 花束やアレンジメントに簡単な解説イラストを添え、お客が花の名前を後で確認できるようにする。私がいつも忘れるので。
3.
4.
5.

Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

我何故にそれを買いしか069:結婚式衣装編

馬子にも衣装とはよく言ったもので。

○購入したもの・選択した理由・使用した感想
芦田ブライダル 色打掛レンタル 料金は伏せる。
http://www.ashida-bridal.com/
wedding-dress.jpg

結婚式は神前、和装(白無垢でなく色打掛)でやろうと決めていた。外部からの持ち込みを考える程のこだわりはなかったため、挙式予定の式場と提携していた2社のいずれかから選択しようと考えた。片方は「モダンで斬新な」(ものは言いようである)デザインのものばかりで、和装に関してはコンサバ上等!である私の好みと異なったため、見送り。芦田ブライダルでは(和装に詳しくない私の目から見て)古典柄の打掛が多く、まさに望んでいた通り。実家母と訪れて何着か試着させてもらい、これぞベストというものについて母と意見が一致したこともあり、あまり悩まずに決定できた。レンタル料金も相場?より高くなく、式場提携ということで確かだいぶ安くしてもらったはず(記憶が曖昧・・・)。新郎の分はもちろん、親族のモーニングや留袖がリーズナブル価格で準備できる点も助かった。何より、若い担当者さんが気持ちの良い接客をしてくれ、気分良く衣装選びができたことに大満足。

打掛は思ったより重くなく、当日の食事はお酒を飲みながらフルコース完食できた。ファッション全般に関心の低い私でさえ結婚式衣装にはウキウキしたのだから、これに夢を見る女性がいてもまったく不思議でないね。なかなか面白い体験であった。

○勝手に予想するsegmentation/target/positioning、勝手に企画する自分案
モダン苦手、古典柄好き。少々年齢が高いとコンサバになる可能性大?

1. 自社ウェブサイトの商品紹介ページにて、和装ラインナップをちょっとで良いので出す。
2. 体験レポート的なものをもう少し増やす。
3. つくばの主な和風ウェディング式場とは提携済みのようなので、土浦市内でも提携式場を増やす。
4. スタッフブログをもっと目立たせる。更新頻度も高く、ここが一番情報豊富なので。
5. ゼクシィ掲載は料金高いのかな?

Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

我何故にそれを買いしか068:ノンアルコールビール編

好みはそれぞれなれど。

○購入したもの・選択した理由・使用した感想
アサヒビール アサヒドライゼロ 実売価格100-130円くらいだったか?
http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/dryzero/
http://www.asahibeer.co.jp/dryzero/
nonalcoholbeer-dryzero.jpg

ドイツ土産の白ソーセージを食すにあたり、麦酒好きの身として合わせる飲み物はやはりビールとなる。しかし、妊娠中であるため、ノンアルコールビールの中から選ばざるを得ない。競合製品と比べ、最も通常ビールに近い味や喉越し、キレを感じられるのがこのドライゼロだと思っているので、今回もこれを購入。白ソーセージにはもっとコクがあり香りも豊かな地ビール(ヴァイツェン系とか)のほうが合うだろうが、ノンアルコールでそこまで贅沢を言ってはいられない。

 ・キリンビール キリンフリー
  http://www.kirin.co.jp/brands/kirinfree/
  キリンの商品は、たまたま緑茶もそうなのだが、他社製品より甘さが強いように感じる。濃い目の醤油味などに合うことは合うのだが、単独で飲んだときの味が好みとちょっと異なるため、今回は購入見送り。

 ・サントリー オールフリー
  http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/
  ドライゼロの前にはまっていたのはこれだった。単独で飲んだ際に味が最もスッキリしており、コーポレートメッセージである「水と生きる」が体現されていると思う。ただ、洋食と合わせる際にはパンチ力不足に感じるので、ドイツ土産には合わないと思い今回は購入見送り。

 ・サッポロビール サッポロプレミアムアルコールフリー
  http://www.sapporobeer.jp/product/sapporo/premiumalcoholfree/index.html
  この時買い物に訪れた最寄りスーパーでは取り扱いがなかった気がする。以前に試した際、苦みの後味があまり好みではなかったせいか、滅多に選択することがない。

 ・トップバリュ バーリアル アルコールフリー
  http://www.topvalu.net/barreal/
  350ml 1缶88円で安い点はお財布を考えればありがたいが、味の点ではどうも大手メーカーと比べて自分の好みとの乖離が大き過ぎる。ずいぶん前に6缶パックで購入してしまった際の余りは、申し訳ないが料理酒代わりに使用した。

○勝手に予想するsegmentation/target/positioning、勝手に企画する自分案
スーパードライ好き(比較的高年齢の男性かと思ったが、CMを見る限りコピーがPop & Dryなので若いモン向けなのか?)。健康を考えたりくつろぎたい時だったりでなく、普段がっつりビールを飲む人が運転先などでどうしても飲めない場合のビール代替品として。・・・ではないのかなー

1. 飲食店への営業を強化する。チェーン系居酒屋ではなく個人経営の居酒屋さん。最近居酒屋から足が遠ざかっているが、つくばではどうもキリンのほうが多い印象なので。
2. 中瓶を出す。
3. 「樽生」ってできないのかしら。
4. 「氷点貯蔵」というキーワードから、「クリアな後味」だけでなく「暑い中冷えている」イメージを持たせられないかな。
5.

Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

我何故にそれを買いしか067:ウェディングフォト編

1年以上前の話。

○購入したもの・選択した理由・使用した感想
スタジオ ラ・フォーレ お値段は伏せる。
http://studiolaforet.jp/pc/index.html
wedding-picture-studio.jpg

結婚式は和装で行うことになったため、実家母の要望もあって写真だけ洋装で撮ることにした。私の希望は「プリンセスラインのような広がるデザインのドレスでなくて、白ければ」程度だったが、夫はどこぞのブライダルフェアで見た「ドレスの長いトレーンを階段に垂らす」のを撮りたいと主張。それは長いトレーンのあるドレスを着たい新婦側が希望する話ではないのか、通常?とにかく、撮影場所に階段を選択できるところというのが、まずは条件となった。

結婚式会場での前日撮りは、写真のお値段が高くて予算オーバーだったため見送り(ここと提携している衣装屋さんのドレスは大変に気に入ったのだが・・・)。もう一つ式会場候補であった場所には素敵な階段があったのだが、写真だけ撮るわけにもいかず断念。比較的近場の某撮影スタジオは撮影からデータ渡しまでの時間がかかることを売りにしており、それはいわゆるフォトショップマジックを使うのだとわかって、あんまりデジタルに修正されても嫌だと考えて見送り。探す対象のスタジオ所在地をつくば市内から茨城県南全域に広げたところ、竜ヶ崎市の写真館に階段があることを知り、料金も手頃そうだとのことで見学しに行こうとなった。元々戦場カメラマンだったらしい経営者さんのプロフィールに興味を引かれたところも多少あったかも。

詳しい説明を聞いた場所は衣装館を兼ねており、大きな民家(武家屋敷らしい)を改造したような作りに温かみがあって、撮影場所を見る前から印象が良かった。撮影場所にはしっかりとトレーンを垂らせそうな階段があるし、他で試着したお気に入りにかなり似たデザインのドレスもあったし、店員さん応対も良かったし、何よりお値段がありがたかった。ウェディングではないが家族記念写真の例が多数あって、地元で愛されているお店だなという印象も受けた。というわけで、この写真館で洋装写真を撮影すると決定。全撮影写真の入ったDVDと、自分達プラス両家両親向けで計3組の2ページアルバムを作ることにした。

しかし、写真撮影プロフェッショナルは素人を盛り上げるのが上手いね。最初気恥ずかしかった夫も私も、途中から自然に笑ったりポーズを取れるようになった。結果、背景無地、階段にトレーン、二人寄り添う図の3点でアルバムを制作してもらい、それは大変に素敵な出来上がりだったのだが・・・だが、この時私はかなり太っていたのだ!ドレスデザインで腹はなんとか隠せたものの、外に出す二の腕と顔はパンパンであった。出来上がった写真を見て、そりゃ自分達が被写体だからもの凄く面白いし良い記念にはなったけれども、いやーあまり繰り返して見る気にはなれない。記念に残したい写真を撮る際は、多少なりともダイエットが必要だと痛感した。その他、メイクに対する希望をうまく伝えられなかった点も、少々心残りかな。

○勝手に予想するsegmentation/target/positioning、勝手に企画する自分案
地元・近隣の人が、ちょっとした記念に写真を撮りたくなったらまず思い出すようなお店。

1. 「マタニティーフォト無料」をもっと強調する。
2. スタッフさんの温かい雰囲気を伝えるべくブログを・・・と思ったら既に開設されていた。
3.
4.
5.

Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。