2010年05月24日

我何故にそれを買いしか:基礎体温計編

習慣付くまでが長いです。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
PMSによる下腹部痛がひどく、低容量ピルを処方してもらおうと思ったところ、産婦人科にて最低2ヶ月分の基礎体温データがないとダメだと言われたため。

○こだわり
普通の体温計でなく基礎体温用のもの。

○事前調査・予算設定
事前調査は購入予定品のウェブサイトにて。予算はあまり考えていなかったが、2,000-3,000円くらい。

○購入品
テルモ ウーマンドシー C520スイートピンク 4,680円
http://www.terumo.co.jp/healthcare/products_fujin/products/c520.html
c520.jpg

○購入場所
Amazon.co.jp

○購入にあたって気に入った点、注目した点
記憶が曖昧だが、確かついったーかmixiで基礎体温計購入を検討中という話を出したところ、これが良いと勧められたのだったはず。データを勝手に記録してくれるという点が、面倒くさがりの自分にとっては何よりのメリット。所有していた通常体温計と同じテルモ製であるところも安心感を高めた。ちょっと高いけれど、長く使うことを考えればまあ高くないとも言える。

○競合
ウーマンドシーの他ラインナップ。
 →上のクラスは高すぎて見送り。
 →下のクラスは記録できないので見送り。

○使用してみての感想
40秒程度で測定が終わるので、あまり面倒でなく基礎体温付けを続けられる。体温計自体のカーブが舌下に入れ易い。測定するだけで自動的に体温データを記録してくれるのは本当にありがたいが、データが見易いとはあまり言えないような。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
月経パターンまで記録して次回予定を教えてくれるようになると、リターンが得られた実感が沸くと思う。

----------
予想
----------

○予想benefit
基礎体温の測定を継続できるようになる。

○予想segmentationおよびtarget
妊娠を検討する年齢の女性。基礎体温測定の継続に一度ならず挫折した経験のある女性。

○予想差別化の軸
「手軽軸」

○予想4Pのポイント
product:測定データを自動記録するようにし、面倒な行動を極力減らす。
place:女性服などのカタログ通販サイト。
price:ううむ、競合がわからない。定価6,000円超えはなかなか高額だと思うのだが。
promotion:おお、結構わからないな。
 
○自分ならこうするかも
記録したデータを簡単に携帯またはPCの専用サイトに転送できるようにして、グラフの形で見られるようにする。


posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
準備を万全にして、是非多くの人に味わってもらいたいと感じた。
Posted by tiffany & co at 2010年07月06日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150974589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。