2010年10月02日

我何故にそれを買いしか:パーティー用パンプス編

廃棄処分前に記録。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
何年も前のことなのでうろ覚えだが、確か何かのパーティー向けに買ったような気がする。誰かの結婚パーティーかな?

○こだわり
かかとに開きがないもの。カジュアル過ぎるから。

○事前調査・予算設定
事前調査は特にしなかったような気がする。予算は当時15,000円くらいだったはず。

○購入品
elegance 卑弥呼 パンプス うーん、確か16,000-18,000円の間だったような記憶が。
http://www.himiko.co.jp/elegance.html ※URLはメーカーサイト
pumps-glitter.jpg

○購入場所
銀座か有楽町の百貨店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
この当時は、クッション性ある中敷き?というの?が疲れにくいということで、好んで卑弥呼を買っていた。まずは珍しい(と当時の私には思えた)グリーンベースの鱗的な革がインパクトあり、目を引いた。基本的に甲が広めに開くバックストラップのパンプスorサンダルが好きなので、形も気に入った。流行に疎いので、これが当時流行の形だったかは知らない。値段も、考えてみればelegance卑弥呼は15,000円じゃ買えないんだな・・・ハレの日用だしと言い訳をして予算オーバーに目をつぶった、のだと思う。

○競合
何年も前の話なので記憶無し。ははは

○使用してみての感想
前期(!)はパーティーやちょっとしたお出かけ用に、後期はデニムや仕事着と合わせる普段遣いに、それぞれ活用した。ヒールが低め(4cmくらい?よくわからん)なことと、派手な色味だが光っている分単一色の服に合わせやすく、気軽に使えて良かった。クッション中敷きのおかげか、多少は足の疲れが少ない・・・のだと思うが、あまり真剣に比較していないのでわからないかも。実は自分のジャストサイズより一回り小さなサイズだったので、爪先が少々きつかったかもしれない。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
5年以上は余裕で履いたはずなので、この値段でよく頑張ってくれたと思う。ストラップは複数破れ、革は剥け、ボロボロになるまでありがとうよ。十分にリターンは得られた。・・・メーカーウェブサイトを見たら、修理できるんだねえ。ははは、修理してまだ酷使したりして。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
pumps-glitter-ax.jpg

○予想positioning
品質はしっかりしているがバカ高くなく、ちょっと変わったデザインの靴が欲しい人。あれ、疲れにくさの話はどこへ行った?でもなんか変な色の革を使っているという印象があるのだ。

○予想競合
うう、ファッションには本当に疎いんですわ。ダイアナとかそういうところ??

○自分ならこうするかも
ブランド名が靴の印象とばっちり合っているので、この変わった革路線をずっと貫いて欲しい。
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぜひとも、直して履いてみてください。
直せる靴って素敵!
Posted by まさたか at 2010年10月07日 12:44
>まさたかさん
おお、コメントありがとうございます。
修繕を考えたのですが、画像ではわかりづらいかなり重要な部分が3カ所程切れていたので、諦めました。
十分に感謝をしつつ、廃棄処分です。
これからはもっと早め早めに修理に出したいです。
Posted by RieWatanabe at 2010年10月12日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。