2011年06月28日

我何故にそれを買いしか037:菖蒲まつり編

毎年恒例となるか。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
その近辺に行く用事があったので。昨年訪れて、良い場所だと思ったので。

○こだわり
特に無し。花が美しければOK。

○事前調査・予算設定
事前調査は日程のみ。予算は1,000円程度であればOK。

○購入品
水郷佐原あやめ祭り 入園料700円(あやめ祭りの時のみ)
http://www.katorishi.com/event/s_ayame.html
http://www.city.katori.lg.jp/suisei-syokubutsuen/index.html
ayame2.jpg ayame3.jpg ayame.jpg

○購入場所
水郷佐原水生植物園入り口

○購入にあたって気に入った点、注目した点
昨年訪れた際にあやめの品種が想像以上に多数あったことに驚き、また浴衣地のイメージである濃い目の青がかった紫だけでなくさまざまな色があることもわかり、年に1度は見てみたいと思っていた。この辺りは時折訪れるので、あまり遠方という意識もない。

○競合
花より団子派としてはあまり植物園に盛り上がらない。近場なら筑波実験植物園、つくば牡丹園、八郷のフラワーパーク辺りか。って、あやめ祭りと関係ないな・・・時期にもよるな。

○使用してみての感想
少々遅めの訪問ではあったがまだ美しく咲く花も多く、大いに楽しめた。花はもちろんのこと、名前も色とりどりでそれぞれ興味深いが、中でも「町娘」を気に入ったかも(エロい意味で)。園内で野点を行っていたが、入園時間が遅かったせいか最後の回に間に合わず残念。そういう風情ある楽しみ方はいいよなあ。サッパ舟に乗らないかという勧誘の声が大きかったが、あまり気にならなかった。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
あやめ祭りの時だけ高くなるとは言え700円、十分にリターンが得られた。香取市民は無料らしいのでいいねえ。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
梅雨時期の花を楽しみたい人。

○予想positioning
ayame-ax.jpg

○予想競合
水郷潮来あやめまつり
http://www.city.itako.lg.jp/cgi-bin/kanrisystem/kaview.cgi?no=103
 →嫁入り舟は何と言ってもこちらが有名だからなあ。

○自分ならこうするかも
1. 園内BGMを止める。園内放送用の品質で洒落た音楽をかけられるのは苦手であるという自分向け。
2. 潮来と手を組み、両方のあやめを楽しめるよう連絡バスや割引チケットを設定する。
3. 若い感覚のデザイナーさんが作ったあやめ柄の衣服や雑貨を売るショップを開く。
4. 地元農産物をメインに使ったビュッフェレストランを園内に設ける。
5. あやめまつりブログを開設し、あやめ娘?さんに開花状況を毎日更新させる。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。