2011年07月20日

我何故にそれを買いしか046:テレビ接続ケーブル編

なかなか買い換えるものではない。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
デジタルテレビを購入したので、視聴するために。

○こだわり
特に無し。安かろう悪かろう製品でないもの。

○事前調査・予算設定
事前調査は特に無し。予算は数千円台前半くらいを想定した。

○購入品
マスプロ 家庭用TV接続ケーブル 3メートル、両端ストレート型、TSS3P 価格失念・・・2,000円くらいだったか?
http://www.maspro.co.jp/web_catalog2011/catalog2011.html#page=211 左上あたり
coaxial-cable.jpg

○購入場所
自宅近所の家電量販店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
テレビが自宅に到着してからケーブルを購入しに行ったため、テレビ購入店でなく自宅から近い量販店に行ったのだが、このお店には同軸ケーブルの国産品がマスプロ電工製しかなかったように記憶している。中国製や韓国製の安価な製品は陳列されていたはずだが、一緒に買い物に行った夫がこの辺りちょちょいと保守的なこともあり、国産製品を選択。極細ケーブルのほうが物理的な場所占有面積を減らせると考えた。金メッキ端子については、そもそも何に良いのかあまり理解しておらず、オーディオ製品だったら接触不良防止だったかなーと適当に思ったりはしたが、まあなんだか良さそうだという程度の適当な評価をした。金額は、テレビ全体と比較すれば安いものと考えた。

○競合
中国や韓国での製造品
 →品質(というイメージ)重視のため見送り。
国産他社製品
 →買い物当日に入手したかったので、その店舗になかったが故に見送り。

○使用してみての感想
両端L型、片端L型片端ストレート型、両端ストレート型があり、挿し易さを考えて両端ストレート型を選択したのだが、特に問題なく接続できた。現在デジタル放送を何の問題もなく視聴できているので、製品選択は特に間違っていなかったと判断している。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
まあリターンは得られたということで良いかな。これがあったからこそ、女子サッカーW杯決勝戦を見られたわけだし。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
家庭でのテレビ新規購入者。アンテナ等と同時にテレビ関連アクセサリーを購入する人。その中でどうセグメンテーション分けしているのかまでは予想できず。

○予想positioning
coaxial-cable-ax.jpg

家庭用テレビ関連部品メーカーとして一定のブランド力を持っているのかな。自社製造でなくOEM供給を受けているのか。ふむふむ。

○予想競合
Wikipediaにあるメーカー全般、韓国や中国の新興?メーカー全般。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E8%BB%B8%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB

○自分ならこうするかも
1. 素人向け解説ページ(金メッキの利点など)を自社ウェブサイトに作る。プロ仕様でなく家庭用製品だものね。
2.
3.
4.
5.


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。