2011年07月31日

我何故にそれを買いしか050:変わりお総菜編

工夫を感じるものが好き。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
出先で面白いものを買って帰りたくなったため。

○こだわり
地元つくば辺りでは売っていなさそうなもの。

○事前調査・予算設定
事前調査は特に無し。予算は1,000円程度までのつもりだった。

○購入品
佃權 ゼリー寄せおでん 525円
http://www.tsukugon.co.jp/oden.html
oden-jelly.jpg

○購入場所
大丸東京店地下

○購入にあたって気に入った点、注目した点
暑い日の夕方デパ地下をうろついていた際、涼しげなパッケージに目が留まった。「テレビなんかでも紹介されたんですよー」という店員さんの売り文句はともかく、透明なパッケージ内で赤くなった海老や鰯団子がゼリーに浮いている絵を面白く感じ、冷製でなくこのようなゼリー寄せのおでんは未体験だなと思い興味を引かれた。このお店が築地にあるとのことで、お魚練り物系は美味しいだろうと期待した。1個500円とはなかなかの価格だが、「意外にボリュームがあるんですよ」との店員さんコメントもあって量とのバランスは悪くないと感じ、また毎日食べるものでもないしと思いお財布を出した。

○競合
大丸東京店地下にある他のお総菜屋さん
 →どこも色々と美味しそうだったのだが、今回は味より面白さを重視したので見送り。ちょっとくらい揺れても汁がこぼれたりしないような持ち帰りやすさも重要だった。

○使用してみての感想
某メーカー製プリンのように押し出し用ポッチはないが、パッケージを軽く押してゼリー周囲に隙間を作るだけで簡単に取り外せる。確かにボリュームがあり、一人分のおかず1品としては予想外の量となった。ゼリーは出汁が効いており、想像より味がしっかりついている。海老やホタテ、鰻などの豪華具材も良かったが、主力製品である練り物が魚の風味たっぷりで美味しかった。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
リターンは得られた。また何かの機会に購入したい。次は贈答用かな。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
夏の贈答用に。または、おでんや練り物を特に好んで食べたりしない人。

○予想positioning
oden-jelly-ax.jpg

○予想競合
「この暑いのに熱いおでんなんて・・・」と思わせる夏の暑さと個々人の認識。

○自分ならこうするかも
1. もう少し小さなサイズで作る。一人分としては多過ぎるかもしれない。
2. パッケージから出したままの形の他、崩して盛りつける絵もパッケージや販売ポップに使う。
3. ロールキャベツやトマトなどを入れた洋風おでんも作る。
4. ウェブサイトを、Google Chromeで見た場合でもリンク先に飛べるよう修正する。今かまぼこページ等に飛べない・・・
5. 楽天市場店の商品写真を、ゼリーが崩れていないものに変更する。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217583226

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。