2011年08月08日

我何故にそれを買いしか051:地方お取り寄せ品編

今回は鳥取県です。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
ストレス解消で買い物をしたくなったため。

○こだわり
今回は魚介類を選びたかった。

○事前調査・予算設定
事前調査は特に無し。予算は2,000円くらいまで。

○購入品
かわむら商店 亀の手 300グラム 735円
http://shop.tottori.to/kawamura/2_02.html
Kamenote1.jpg kamenote2.jpg

○購入場所
「とっとり旬の市」サイト
http://shop.tottori.to/index.html

○購入にあたって気に入った点、注目した点
何年か前に鳥取旅行をしてからとうふちくわにはまり、時々このサイトで買い物をしていた。とうふちくわ以外にも関東では珍しい魚介を扱っているので過去にいくつか購入したりしたが、亀の手というのは買ったことがなかった。フジツボのようだという点に興味を持ち、「酒の肴に最高」と説明にあったのでさらに買いたくなったところで、「(季節的に)残りわずか」との文章を見て即購入を決意。お値段がこのサイトの取り寄せ品の中では高くないほうだったこともある。

○競合
魚介を売りにするところは多いので、実際に訪問したことのある土地の物でないとそもそも検索対象にならない。

○使用してみての感想
亀の前脚に見えるものが貝殻などにびっしりくっついているのがグロテスクだが面白い。塩茹後に足先の爪みたいな部分を持って黒い表皮のようなものを剥くと、中から薄ピンクの身が出てくる(なんかエロい)。爪の中は可食部ではあるが味はイマイチなので、期待したより美味しく食べられる部分は少なかった。もの凄く芳醇な旨みを湛えるというものではない(塩茹でした際塩の量が少なかったのかも)が、日本酒をちびりちびりやりながらつまむのに最適だと感じた。余った分は翌日お味噌汁の具としたが、これもまた美味しかった。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
面白かったのでリターンは得られた。次は違う貝に挑戦だ。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
日本全国、美味しいものなら取り寄せてでも食べたい人。

○予想positioning
※今回はパス。

○予想競合
地元の旨い特産物を売り込みたい各都道府県。

○自分ならこうするかも
1. 亀の手の食べ方は黒い部分を剥く、ということを販売サイトで説明する。私は別のblogで知ったので。
2. かわむら商店の商品は魚介で購入可能な季節が限定されているので、その季節別に商品を選べるようにする。これが欲しいと思ってクリックしたら今の季節は買えない、となると悲しいので。
3. とうふちくわとのセットを作る。自分が食べたいだけ・・・
4. お味噌汁にした際の画像を貼る。食欲を喚起するため。
5. 剥いた後の画像を貼る。食べればわかるのだが、その前にどんなものか知らないとなかなか購入につながらないので。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219018149

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。