2012年04月19日

我何故にそれを買いしか068:ノンアルコールビール編

好みはそれぞれなれど。

○購入したもの・選択した理由・使用した感想
アサヒビール アサヒドライゼロ 実売価格100-130円くらいだったか?
http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/dryzero/
http://www.asahibeer.co.jp/dryzero/
nonalcoholbeer-dryzero.jpg

ドイツ土産の白ソーセージを食すにあたり、麦酒好きの身として合わせる飲み物はやはりビールとなる。しかし、妊娠中であるため、ノンアルコールビールの中から選ばざるを得ない。競合製品と比べ、最も通常ビールに近い味や喉越し、キレを感じられるのがこのドライゼロだと思っているので、今回もこれを購入。白ソーセージにはもっとコクがあり香りも豊かな地ビール(ヴァイツェン系とか)のほうが合うだろうが、ノンアルコールでそこまで贅沢を言ってはいられない。

 ・キリンビール キリンフリー
  http://www.kirin.co.jp/brands/kirinfree/
  キリンの商品は、たまたま緑茶もそうなのだが、他社製品より甘さが強いように感じる。濃い目の醤油味などに合うことは合うのだが、単独で飲んだときの味が好みとちょっと異なるため、今回は購入見送り。

 ・サントリー オールフリー
  http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/
  ドライゼロの前にはまっていたのはこれだった。単独で飲んだ際に味が最もスッキリしており、コーポレートメッセージである「水と生きる」が体現されていると思う。ただ、洋食と合わせる際にはパンチ力不足に感じるので、ドイツ土産には合わないと思い今回は購入見送り。

 ・サッポロビール サッポロプレミアムアルコールフリー
  http://www.sapporobeer.jp/product/sapporo/premiumalcoholfree/index.html
  この時買い物に訪れた最寄りスーパーでは取り扱いがなかった気がする。以前に試した際、苦みの後味があまり好みではなかったせいか、滅多に選択することがない。

 ・トップバリュ バーリアル アルコールフリー
  http://www.topvalu.net/barreal/
  350ml 1缶88円で安い点はお財布を考えればありがたいが、味の点ではどうも大手メーカーと比べて自分の好みとの乖離が大き過ぎる。ずいぶん前に6缶パックで購入してしまった際の余りは、申し訳ないが料理酒代わりに使用した。

○勝手に予想するsegmentation/target/positioning、勝手に企画する自分案
スーパードライ好き(比較的高年齢の男性かと思ったが、CMを見る限りコピーがPop & Dryなので若いモン向けなのか?)。健康を考えたりくつろぎたい時だったりでなく、普段がっつりビールを飲む人が運転先などでどうしても飲めない場合のビール代替品として。・・・ではないのかなー

1. 飲食店への営業を強化する。チェーン系居酒屋ではなく個人経営の居酒屋さん。最近居酒屋から足が遠ざかっているが、つくばではどうもキリンのほうが多い印象なので。
2. 中瓶を出す。
3. 「樽生」ってできないのかしら。
4. 「氷点貯蔵」というキーワードから、「クリアな後味」だけでなく「暑い中冷えている」イメージを持たせられないかな。
5.

Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265480754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。