2008年04月24日

我何故にそれを買いしか:果実酒編

○購入の契機・理由
 --自分で漬ける発想のない、ちょっと珍しい果実酒だった
 --店のポップに「店員全員が美味しいと絶賛!」とあって興味を引かれた
  (店員さんの言葉に結構左右されがちの自分に気づく。喝!)
 --買いやすい価格

○事前調査・予算設定
 --衝動買いなので事前調査無し
 --\1,000程度なら即買い

○購入品
 マンズワイン 蜜柑ふるる
 (メーカサイトに商品ページ無し。なぜ作らないのであろう?)

○購入場所
 ショッピングモール内の酒店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
 --「みかんを丸ごと食べているような」という店内ポップの表現
 --商品名の「ふるる」が果実に含まれる水分を連想させて美味しそう
 --液体のオレンジ色の濃さ
 --醸造アルコールや酸味料の添加に一度は購入を止めかけたが、結局呑み欲に負ける

○競合
 --ラム酒(好きな種類が売り切れていた)
 --自分の呑みたいという欲望(負けた)

○使用してみての感想
 --かなり味が濃く甘い。「ストレート、ロックで」楽しめとあるが、ソーダか何かで割るのもアリ
 --意外に色が濃い。綺麗なオレンジ色に見せるために白色半透明の瓶を使っているのだと
  思うが、それで正解だと思う
 --同席者の「みかん缶詰の味だ」という感想が最もしっくり来るかも

みかん.jpg
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94513059

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。