2011年02月19日

我何故にそれを買いしか004:地ビール編9

日本の地ビールを全制覇したい。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
クラフトビアフェスティバル2009で呑んだ地ビールが皆美味しかったため。

○こだわり
地ビール全制覇を目論む。まずはフェスティバル出品ものから。

○事前調査・予算設定
クラフトビアフェスティバルで一部を呑み、メーカーウェブサイトをチェック。予算は5,000円以内を目標、ただし一部高価な商品があるはずなので、多少のオーバーは覚悟。

○購入品
サンクトガーレン
http://www.sanktgallenbrewery.com/ ※購入時からウェブサイトが変わった!
購入したのは「地ビール8本飲み比べセット|限定チョコビール3本入」4,380円
入っていたのは
ゴールデンエール http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/golden-ale/
アンバーエール http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/amber-ale/
ブラウンポーター http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/brown-porter/
ペールエール http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/pale-ale/
sanktgallen-4pcs.jpg 食卓がごちゃごちゃなのはご愛敬ということで。

アップルシナモンエール http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/apple-cinamone-ale/
スイートバニラスタウト、オレンジチョコレートスタウト(橙だった)、インペリアルチョコレートスタウト http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/valentine-chocolate/
sanktgallen-chocolate.jpg sanktgallen-orange.jpg sanktgallen-cinnamon.jpg

○購入場所
サンクトガーレン オンラインショップ

○購入にあたって気に入った点、注目した点
Twitterにてメーカー広報の @mikiSanktGallen さんを前からフォローしており、そのつぶやきから変わり種ビールが多いメーカーなのだなという印象を持っていたので、面白いビールを買いたかった。バレンタイン時期のチョコビールがどうも人気らしいので、それを含めたセットにしようと考えた。
sanktgallen-box.jpg 箱もかっこいいよね

○競合
順番です、競合無し。

○使用してみての感想
エール類はすっきりしていて美味しかったし、ブラウンポーターの豊かな香りとコクのある味は好み。しかし、ここはなんといっても変わり種ビール達であろう。チョコレートと合わせて飲むと美味というので、普段買わないチョコレートをわざわざ買って合わせてみた。ううむ、チョコレートと合わせるとビールの苦みだけが浮き出る(特にオレンジチョコレートスタウトはオレンジの苦みも出る気がする)ので正直好みは分かれると思うが、面白い組み合わせである。自宅で飲むのも良いが、お店でワイワイと食事しながら良い組み合わせを考えるとか、そういう楽しい時間に向いているかも。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
面白かったのでリターンは得られた。ここのブラウンポーターが飲めるお店でデートしたいものである。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
地ビールの時はやめておく。

○予想positioning

○予想競合
 
○自分ならこうするかも
ううむ、地域のサッカーチームとの連携、地ビールバーとのつながり、スタンダードと変わり種を取り混ぜるラインナップ、飲んだり買ったりが可能な店舗の紹介方法など、上手だし見習いたいところ。広報さんが好感度高い方なのも凄い。ウェブサイトについても、購入時は正直「ちょっと品がないかな」と思ってしまう乱雑なコンテンツの並べ方だったが、リニューアルして品良く見やすくなった。見習おう!



Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

我何故にそれを買いしか003:宇宙食編

正直特に変わったところは・・・

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
一つくらい購入してみたかったため。

○こだわり
特に無し。あえて言えば、甘いものよりは食事もの。

○事前調査・予算設定
特に事前調査無し。予定がなかったので予算とは言えないが、1,000円以内。

○購入品
スペースカレー 525円
https://www.shop-house.com/spacecurry/index.html
spacecurry.jpg

○購入場所
つくばエキスポセンター内売店・・・でなくサイエンスミュージアムショップ

○購入にあたって気に入った点、注目した点
出口近くにある売店では宇宙食が大々的に販売されており、一つくらいは試したくなった。ここはやはり普通に食事として食べられるものが良かった。「宇宙日本食」認定マーク?がなかなか格好良かった。ウコン・カルシウムを増量したという味がどうスパイシー、いやスペイシーなのか楽しみ。

○競合
常温で食べるアイスクリーム、その他たこ焼きや大学芋等の宇宙食
 →おやつ等でなく食事として食べたかったので、見送り。

○使用してみての感想
宇宙では専用トレーを使って温めるようだが、地上では普通に湯煎で温めた。うーむ、よくあるレトルトカレーとの差があまりわからない。よく考えればメーカー側はできるだけ地上と同じ味に近づけるよう努力するわけで、日常の味を宇宙空間で食べられること自体が凄いわけだが、それを地上で食べてもあまり感動はなかった。カルシウムやウコンの増量分も味としてはわからず。スパイシーさは確かに強調されていたようにも思うが、何せインドやネパールのカレーを食べ慣れているものでそれらに比べて特にスパイシーな訳でもないし。わがままな消費者ですみません。美味しかったことは美味しかった。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
面白かったのである意味リターンは得られたが、レトルトカレーとしては高額なのでリピート購入はないかもしれない。次は違う宇宙食を試したい。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
日本の宇宙飛行士の活躍を見て宇宙に憧れる子供達。

○予想positioning
spacecurry-ax.jpg

○予想競合
宇宙に持っていけない他のレトルトカレー全般。

○自分ならこうするかも
こちらでも書かれている通り限定された場所での購入が希少感を高めるので、メーカー直営オンラインショップでの販売は期間限定(宇宙飛行士さんが注目されている時期など)にする。
http://knowhow.dreamgate.gr.jp/strategy/id=259


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

我何故にそれを買いしか002:ブラジャー編2

一番目立つところにある商品を購入するなんて。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
定期的に購入し手持ちラインナップを更新しているため。

○こだわり
単体で見て美しいもの。

○事前調査・予算設定
特に事前調査無し。予算は5,000円以内。

○購入品
ワコール ウィング 谷間ッX SP(シェルピンク) 4,000円台
http://www.wacoal.jp/product/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_CD=EB2358&SEASON_CD=11SS
bra-max.jpg

○購入場所
近所のジャスコ

○購入にあたって気に入った点、注目した点
下着売り場を訪れた際、映像宣材から商品名が流れてきて、「Wing史上最高の盛り上がり」というコピーと共にインパクトにやられた。「かつてない盛り上がり」に興味を持って商品を眺めていたところ、店員さんに「お客さんが皆試着してその盛り上がり度に笑う」というエピソードを聞き、試したくなった。パッドの厚さに笑わせてもらったこともあり、予算以内なので購入を決意。

○競合
トップバリュ製品
 →ショーツがセットになっていないので、見送り。

○使用してみての感想
確かに盛り上がりは凄い。なだらかな丘陵地帯程度の私の胸元に、1本の狭くて深い峡谷ができた。ただし、胸と胸周りの肉を盛り上がり作りのため上部へ持ち上げきってしまう分、下チチ分量が少々減ってしまい、全体として大きく見えるようにはならない気がする。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
面白かったのでリターンは得られそうに思うが、真に得られるのは定期的に着用して半年1年経過した後となる。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
20代の彼氏持ち、あるいは彼氏の欲しい「肉食系女子」。 ・・・これ書くの恥ずかしいわ

○予想positioning
bra-max-ax.jpg

○予想競合
トリンプ?いや、ユニクロのブラトップ等か。

○自分ならこうするかも
肉食向けなのであれば、ウェブサイトや宣伝映像にブラジャーに対する男性コメントを入れる。男性のチョイスが難しいが。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

我何故にそれを買いしか001:正月の酒編

新しい年は新しい酒で迎えます。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
実家正月の日本酒購入は私が担当のため。

○こだわり
純米吟醸。

○事前調査・予算設定
特に事前調査無し。予算は720ml瓶で3,000円以内、しかし2本購入を今回リクエストされたため、安いに越したことはない。

○購入品
武勇 純米吟醸 和(なごやか)720ml 1,600円くらいだったっけ?
http://www.buyu.jp/list/list_j.htm
sake-nagoyaka.jpg

○購入場所
近所の酒屋さん(たがみ酒店)

○購入にあたって気に入った点、注目した点
地元となる茨城県のお酒を飲みたくなった。結城市の武勇は当然?何度か飲んでいるが、なごやかという名の商品は未飲だったので興味を持った。日本酒臭い日本酒をあまり好まない実家向けにも、すっきり系の味は好まれるだろうと考えた。単価2,000円を切っており(うろ覚えだが・・・)高額過ぎない点もありがたかった。

○競合
その他、茨城県内酒造のお酒
 →1本購入

○使用してみての感想
期待通りすっきりした味で、商品名の通り丸みのある口当たりであった。ガツンと来る感じの米米しさ(今私の作った造語)でも麹が強い感じの米米しさでもないまろやかな風味で、正月の和食にぴったり合った。実家でも好評だったので、満足度は高い。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
私も実家も満足したので、十分にリターンが得られた。リピート購入しよっと。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
柔らかい風味の日本酒を飲みたい人。なのか?

○予想positioning
今回は省略。

○予想競合
競合を意識しているのかは不明。

○自分ならこうするかも
酒造で実際に作業している職人さんや結城杜氏さんの作業風景や談話をウェブサイトに掲載する。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

我何故にそれを買いしか:基礎体温記録編

この習慣は早めにつけておくべきだった。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
基礎体温を目に見える形で記録したかったため。

○こだわり
継続しやすいようiPhoneアプリの形で。

○事前調査・予算設定
関連するiPhoneアプリの評価をウェブで探したりはした。このページとか。
http://magazine.kakaku.com/mag/woman/pc/id=236/
予算は500円以内。

○購入品
Spark 4 月経周期 230円
app-period-icon.jpg app-period-1.jpg

○購入場所
App Store

○購入にあたって気に入った点、注目した点
前述の特集ページで「とにかくシンプル」と説明されていた点に興味を持った。記録したり見たりする項目が他に比べて少なく、面倒くさがりの自分でも継続できそうな気がした。そのものズバリのアプリ名も逆に好印象だが、売れないような気も。

○競合
ルナルナ等、App Store上にある他の周期管理アプリ
 →可愛らしいデザインだと使用していて恥ずかしくなることが予想できたので、見送り

○使用してみての感想
期待通り、入力項目が少ない分結構記録を続けられている。まあ「きっちり毎日」とはいかないが、以前よりはずっとマシになった。月経開始日しか意識していなかったが、月経がいつも何日くらい継続するのか、排卵日がいつ頃なのか、気分の落ち込みがPMSのせいかどうか等を一目で把握できるようになり、自分にとってはかなり重要なアプリとなった。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
230円で自分の体調管理ができているので、十分にリターンが得られた。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
基礎体温を記録したいが、極力手間を省きたい人。

○予想positioning
app-period-ax.jpg

○予想競合
ルナルナ、生理かれんだ、今日の私、Maybe Baby、等々。

○自分ならこうするかも
日本語化されていない部分を日本語化する。
app-period-2.jpg app-period-3.jpg 言いたいことはわかる。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

我何故にそれを買いしか:缶入りハイボール編

ハイボール以外にも飲み方はあるのだが。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
出張先でくつろぎたかったため。その直前に食べた食事がイマイチだったので、口直ししたかった。

○こだわり
口直しなので、少々値段が張ってもある程度美味しいもの。量はあまりなくてOK

○事前調査・予算設定
特に事前調査無し。予算は500円以内。

○購入品
ニッカウイスキー ニッカ竹鶴ピュアモルトハイボール 200円台後半だったような
http://www.nikka.com/products/taketsuru_hiball/
highball-taketsuru.jpg

○購入場所
出張先ホテル近所のコンビニエンスストア

○購入にあたって気に入った点、注目した点
ニッカ好きとして、上位ブランドにあたる竹鶴がまさかの缶入りハイボールになっていることに驚いた。ハイボールブームの中、サントリーが得意なはずのプレミアム路線で攻めるニッカの姿勢が面白く、即購入を決定。真っ黒な背景に金色の文字という、ボトル詰め版ラベルを彷彿とさせつつ高級感を演出する缶パッケージにも魅了された。いえーい竹鶴だ。

○競合
この時は特に無し。

○使用してみての感想
外でビールやら紹興酒やら飲んで帰ってからだったので、正直あまり味を覚えていない。レモン風味やカラメル色素のない缶入りハイボールで、缶の割にモルトの香りがしっかりしており、美味しく飲めたという記憶あり。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
300円でちゃんと口直しができたので、十分にリターンが得られた。また購入したい。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
最近ハイボールが流行しているようなのでコンビニでたまに買ってはいるが、ウイスキーってこんなもんかなと思っている初心者。

○予想positioning
highball-taketsuru-ax.jpg

○予想競合
サントリー 角やトリスの缶入りハイボール各種、キリン 世界のハイボール

○自分ならこうするかも
トニックウォーター使用版を作る。いや、竹鶴でそれをやるかは微妙かも。違うブランドの製品と合わせる。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

我何故にそれを買いしか:地ビール編8

日本の地ビールを全制覇したい。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
クラフトビアフェスティバル2009で呑んだ地ビールが皆美味しかったため。

○こだわり
地ビール全制覇を目論む。まずはフェスティバル出品ものから。

○事前調査・予算設定
クラフトビアフェスティバルで一部を呑み、メーカーウェブサイトをチェック。予算は5,000円以内を目標、ただし一部高価な商品があるはずなので、多少のオーバーは覚悟。

○購入品
伊勢角屋麦酒
http://www.biyagura.jp/
ペールエール http://www.biyagura.jp/item-paleale.shtml
スタウト http://www.biyagura.jp/item-stout.shtml
ブラウンエール http://www.biyagura.jp/item-brown-ale.shtml
神都麥酒 http://www.biyagura.jp/item-sintobeer.shtml
熊野古道麥酒 http://www.biyagura.jp/item-kumanokodo.shtml
ヴァイツェンボック
beer-isekadoya1.jpg beer-isekadoya2.jpg

○購入場所
伊勢角屋麦酒 オンラインショップ

○購入にあたって気に入った点、注目した点
2010年のクラフトビアフェスティバルで古代米エールを出品しており、その発想が面白いと感じたため。

○競合
順番です、競合無し。

○使用してみての感想
古代米を使ったビールは大手メーカー系で原料に米を使うビールと当然ながら系統が似ており、意外にすっきり飲めた。ペールエール、ブラウンエールは苦みも強いが甘さもかなり強く、個性的だと感じた。スタウトは逆にすっきりしており、日常的に飲みやすい味という印象。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
面白かったのでリターンは得られた。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
地ビールの時はやめておく。

○予想positioning

○予想競合
 
○自分ならこうするかも
330ml瓶を増やす。500mlで900円だとそうそう気軽に買えない・・・のは自分都合か。



Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

我何故にそれを買いしか:ブラジャー編

見るだけで楽しいです。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
新調したい気分だったので。

○こだわり
色柄が気に入ったもの。

○事前調査・予算設定
特に事前調査無し。予算は6,000円以内。

○購入品
トップバリュ ブラジャー 980円
http://www.topvalu.net/
 ※URLはトップバリュのtopページ
bra.jpg

○購入場所
ジャスコ つくば店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
980円という衝撃の安さが強調されていたので、それがまず目に入った。トップバリュブランドであれば最初から見なかったと思うが、トリンプ(だったような気がするのだが・・・)との共同開発品とのことで興味を持った。見たり手に持ったりした感じでは他社製品より厚みがあるような気がしたが、1枚くらい試してみる分には特に悪く無さそうだと思った。色柄もそこそこバリエーションがあり、気に入るものを発見できた。セットでアンダーパンツも買いたかったが、同じ色柄のものがなかった(店員さんにも聞いた)のでそれは残念だが諦めた。

○競合
ワコール、トリンプ等の国内大手メーカー品
 →これも1枚購入

○使用してみての感想
やはりちょっと厚みがあるせいで華奢でセクシーな雰囲気には欠けるが、日常使いにはまったく問題無し。そこそこホールド感があるうえ、装着感が柔らかくて付け心地良い。980円ならガシガシ洗っても惜しくないし、かなり重宝している。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
980円でこれならお得だ。十分にリターンが得られた。また見つけたら購入したい。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
ジャスコ等大手スーパーで日常的に下着類を購入しており、トリンプ天使のブラなど可愛い下着を着けたいが高価なので躊躇する女性。

○予想positioning
bra-ax.jpg

○予想競合
ユニクロか?

○自分ならこうするかも
アンダーパンツもセットで販売する。何故セットで作らないのだろうか?


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

我何故にそれを買いしか:ノンアルコールビール編

ビール気分。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
なんとなくビールを飲みたい気分だったが、まだ仕事中だったので。

○こだわり
特に無し。

○事前調査・予算設定
特に事前調査無し。予算は市販缶ビール以下であれば。

○購入品
サントリー オールフリー 100円台だったような?違ったっけ?
http://www.suntory.co.jp/beer/allfree/product/index.html
allfree.jpg

○購入場所
勤務先近所のコンビニエンスストア

○購入にあたって気に入った点、注目した点
その店にあったノンアルコールビールが2種類しかなく、そのうちの一つだった。11月バーベキューをやったときに、自分で運転して帰りたい同僚が飲んでいた記憶があった。真っ白なパッケージがすっきり感あって好印象。

○競合
キリンフリー
 →結局これも購入

○使用してみての感想
原材料に加えるものが少ないせいか、よりビールのテイストに近いと感じた。これならなんとかビールの代替品にできそうだ。キリンフリーよりこちらが好み。しかし、これを飲みながら仕事するのはなんとなく後ろめたさがある。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
初めてだったので面白く、十分にリターンは得られた。職場で残業することがあったらまた飲むかも。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
車を運転して出かけた先でもビールを飲みたいドライバー・・・と思いきや、休肝日を設ける必要があるがビールは飲みたい人。ビールを飲んでみたいが飲めない、またはビールを飲みたいがたくさん量を飲めない人。

○予想positioning
allfree-ax.jpg

○予想競合
キリンフリー。

○自分ならこうするかも
三浦友和さんと榮倉奈々さんの「父娘」バージョン以外に、女性ばかりのホームパーティーでオールフリーを飲む図など、「特に酒豪でない女性」を意識する。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

我何故にそれを買いしか:ニット帽編2

冬には使用頻度が高まります。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
可愛かったので。

○こだわり
自分に似合わないベレー帽タイプ以外であれば。

○事前調査・予算設定
購入予定がなかったので事前調査無し。予算も特に考えていないが、帽子は4,000円以下くらい。

○購入品
製造国失念 南アジアのどこかだったような ニット帽 2,000円台だったように思うが記憶は曖昧。
knit-hat.jpg ボサボサ眉で失礼。

○購入場所
ピープル・ツリー 自由が丘店
http://www.peopletree.co.jp/shop_jiyugaoka/index.html

○購入にあたって気に入った点、注目した点
基本的にエスニック調ファッションは得意でないのだが、かぶっただけで他国カルチャーぽくなるこの帽子は何故か気に入った。青みが強いものの基調は緑色なので、カーキやベージュなど手持ちの服に合わせやすいだろうと考えた。フェアトレード品ということで、買い物欲に言い訳が効く点も購入を後押しした。価格を覚えていないのだが、そんなにお高くなかったので特にためらう理由もなかった。

○競合
帽子を買う予定はなかったので、特に競合無し。

○使用してみての感想
秋から冬にかけてかぶることが多い。絶壁頭の持ち主にとっては、頭の形が丸く見えるデザインは歓迎。どの辺りの国でよく使われるデザインなのか知りたいのだが、どうやって調べようか。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
価格を失念したが、リターンは十分に得られたと思う。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
エスニック系統のファッション好き。フェアトレード品を買おうと思うような社会意識のある人。

○予想positioning
knit-hat-ax.jpg

○予想競合
マーケティング的に競合するのかは微妙だが、ZARA、H&M等の大手ファストファッション。

○自分ならこうするかも
生産者の生の声を届けるため、生産現場ツアーを企画する、または生産者にブログまたはTwitterを始めてもらう。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

我何故にそれを買いしか:定食屋(サービス)編

一度訪れてみたかった。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
一度訪れてみたかったので。

○こだわり
特に無し。

○事前調査・予算設定
事前調査は、茨城県内の店舗検索をしたくらい。予算は1,000円から1,500円。

○購入品
大戸屋 広島産カキのせいろご飯とたっぷり根野菜の味噌煮込みスープ定食 850円
http://www.ootoya.com/menu/recommend.html
ootoya.jpg

○購入場所
大戸屋 イーアスつくば店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
女性一人でも入れる定食屋チェーン店としてどこかのメディアで紹介されたのを見て以来、ずっと気になってはいたものの、なかなか訪問するチャンスがこれまでなかった。仕事で遅くなり晩ご飯作りが面倒だった日、お酒を飲む気分でなかったこともあり、急に行ってみようと思い立った。ショッピングモール内店舗なら営業時間の早い終了を気にしなくて良いだろうと考えた。

○競合
この夜は「大戸屋へ行く」という目的が定まっていたので、競合無し。

○使用してみての感想
入店が19時台だったせいもあるのか、満席で待たされたことに驚いた。黒酢あんの何かを食べてみたいと思っていたはずなのに、メニューが豊富で予想以上に迷ってしまい、結局おすすめメニューを選択することになった。セントラルキッチン制でなく各店舗内での調理だというが、待ち時間は思ったより長くない。チェーン店の常でメニュー掲載写真に比べ実物がしょぼかったりはしたが、ご飯がつやつやしていたのでOK。塩分控えめの味付けはしつこくなく(と言っても、メニューによっては5g近い塩分が使われているので控えめではないのだが)、飽きずに食べられそう。、

○購入価格に対してのリターンが得られたか
面白かったので、リターンは得られた。次こそは黒酢を使ったメニューに挑戦だ。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
牛丼チェーン店などに一人で入れない、和食を外で食べたい女性。

○予想positioning
ootoya-ax.jpg
このポジショニング軸予想は自信無し・・・。

○予想競合
すき家・松屋等の定食も出す牛丼チェーン、夢庵・華屋与兵衛等の和食ファミリーレストラン、デニーズやガスト等の和食も出すファミリーレストラン。

○自分ならこうするかも
期間限定、店舗限定などで瓶ビールを出す。家庭なら晩酌するんだし。生じゃなくて瓶。自分が飲みたいだけかな・・・


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

我何故にそれを買いしか:食器洗い用スポンジ編3

これだけは可愛いものを。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
それまで使っていたものがボロボロになって来たため、新調したくなった。

○こだわり
台所に一つくらいは可愛いものを。

○事前調査・予算設定
事前調査は特になし。予算は数百円。

○購入品
旭化成 ズビズバ とんがり 確か100円か200円台
http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/zubizuba/items/acrylic.html
sponge-kitchen.jpg

○購入場所
近所のドラッグストアかホームセンターか。曖昧な記憶だな・・・

○購入にあたって気に入った点、注目した点
一見して何をモチーフとしているのかさっぱりわからない点に惹かれた。わかりやすい可愛さでなく、見て脱力してしまうような気の抜けた顔が面白かった。水だけで汚れが落ちるという点も、洗剤を下水に流す量を減らせるようでちょっと期待。お値段も特に高いわけでないし、即決。

○競合
魚やペンギンの形をしたもの
 →見当たらなかったうえ、今回は違う形が欲しかったので、見送り。

○使用してみての感想
台所用スポンジはたいていそうだが、リバーシブルに使えるようになっていて良い。思ったより硬いため折り曲げて使いづらいが、逆に保ちは良さそう。愛想のない台所にスポンジだけが可愛いと、やはり気持ちが和むのであった。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
価格をしっかり記憶してはいないが、リターンは得られた。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
家事のうち台所仕事はあまり好きでないがやらねばならぬ立場にあり、グッズが可愛いことでモチベーションを上げられるタイプ。台所洗剤をできるだけ使いたくない人。機能よりデザイン重視。

○予想positioning
sponge-kitchen-ax.jpg

○予想競合
市場の状況がよくわからない。可愛い系統としてはマーナのおさかなスポンジとかか?
http://shop.marna-inc.co.jp/products/list.php?category_id=26

○自分ならこうするかも
今回記事を書くにあたり検索してヒットした発言小町のトピックにて、キッチンスポンジで流し台を洗うか否かが議論されていた。であれば、食器洗い用ズビズバとシンク洗い用ズビズバシンクをキッチンスポンジセットとして販売する。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0330/176338.htm?o=0



Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

我何故にそれを買いしか:地ビール編7

日本の地ビールを全制覇したい。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
クラフトビアフェスティバル2009で呑んだ地ビールが皆美味しかったため。

○こだわり
地ビール全制覇を目論む。まずは2009年のフェスティバル出品ものから。

○事前調査・予算設定
クラフトビアフェスティバルで一部を呑み、メーカーウェブサイトをチェック。予算は5,000円以内を目標、ただし一部高価な商品があるはずなので、多少のオーバーは覚悟。

○購入品
ハーヴェスト・ムーン
http://www.ikspiari.com/shop/harvest/index.html
ペールエール、ブラウンエール、シュヴァルツ、ピルスナー、ベルジャンスタイルウィート、インディアンペールエール 計2,770円(送料抜き)
harvest-moon.jpg

○購入場所
ハーヴェスト・ムーン オンラインショップ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ikspiari/harvest.html

○購入にあたって気に入った点、注目した点
ここのビールはクラフトビアフェスにて、開場時から飲み始めた2009年は気付いたら、遅く会場入りした2010年は到着時既に、いずれもsold outになっていたので気になっていた。舞浜イクスピアリという製造場所柄から「お洒落」感が先行する製品作りかと思っていたが、定番ビールのラインナップからそうでも無さそうだと安心した。地ビールの中では価格がリーズナブルなほうかも。

○競合
順番です、競合無し。

○使用してみての感想
ピルスナー→ベルジャンスタイルウィート→シュヴァルツ→ペールエール→ブラウンエール→IPAの順に飲んだ。シュヴァルツが真っ黒な色の割にあっさり味で、日常的に飲む黒ビールとして使えそうと感じた。これまでの経験から地ビールは皆コクや濃い風味を強調するものだと思っていたが、ここの製品は拍子抜けするくらいさらっと飲みやすい。その中でも最もコクを感じたブラウンエールが一番気に入った。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
買いやすい地ビールだと思う。リターンは得られた。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
地ビールの時はやめておく。

○予想positioning

○予想競合
 
○自分ならこうするかも
地ビールファン作りには、醸造や製造、製品企画等担当者の顔が見えているほうが良いように思う。なぜイクスピアリでビールを作っているのか、醸造責任者である園田智子さんが考える美味しいビールとは。そういうストーリーを含めてそこのビールが好き、というファンを増やす。テイスティング講座も面白いとは思うのだが。
http://www.ikspiari.com/ent/culture/1011/rotis_01.html
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

我何故にそれを買いしか:牛乳編

料理に使うくらいで、普段は飲まないのだが。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
元々購入するつもりはなかった。

○こだわり
日常的に飲まないので、特に無し。

○事前調査・予算設定
元々購入予定がなかったため事前調査はなし。予算もあまり考えていなかった。

○購入品
のぼりべつ酪農館 のぼりべつ牛乳 200ccくらい 210円だったような・・・肝心の価格を失念
http://rakunoukan.com/product/
 ※このwebsiteには今回購入品と同じパッケージが見当たらないのだが、別メーカーか?
milk-noboribetsu.jpg

○購入場所
Slow Heart(つくば市竹園)

○購入にあたって気に入った点、注目した点
北海道のミルクとチーズ・・・のような文句が看板に書かれていたお店が、まず目に留まった。両親が北海道出身なこともあり興味を持ち、試しに入ってみた際にこの牛乳を試飲させてもらい、美味しく感じた。低温殺菌のおかげなのか、お店の方が話す通り確かに牛乳特有の臭みがない。小さなサイズなら普段牛乳を飲まない自分でも飲みきれるだろうと考えた。

○競合
元々購入予定がなかったため、競合無し。

○使用してみての感想
もう1種類試飲させてもらった放牧牛牛乳のほうが好みだったが、こののぼりべつ牛乳もすっきりしていて美味しい。日常的に飲むには少々お高いが、たまに牛乳を飲みたくなったら買ってみようと思う。よく見るとパッケージの絵が謎。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
美味しかったのでリターンは得られた。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
スーパーマーケット等で一般的に売られている牛乳より美味しいものを飲みたい人、場合。ううむ、これはセグメント分け、ターゲット設定とは呼べないな。私に見えていないだけかな・・・。

○予想positioning
milk-noboribetsu-ax.jpg

○予想競合
大手メーカー製牛乳なのだろう。

○自分ならこうするかも
登別温泉の各旅館に置かせてもらう。お風呂上がりの牛乳!ビールはその後でも良いのだ。と、完全に自分の好みを述べているだけになっている。



Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

我何故にそれを買いしか:バーベキュー時の缶ビール編

メーカーウェブサイトに商品ページがないのね。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
バーベキュー大会のビール購入担当としてビールを探していたため。

○こだわり
スタンダードなものとちょっと珍しいものといろいろ取り揃えたかった。

○事前調査・予算設定
事前調査はこれまでの呑み経験程度。予算は350ml缶なら300円以内。

○購入品
サントリー ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉 250円くらいだったような?
http://www.suntory.co.jp/beer/premium/product/index.html
※<黒>の商品ページが見当たらないのでプレモル自体のウェブページ
malts-black.jpg

○購入場所
つくばデイズタウン内 酒専館ボン・サンテ
http://www.bonne-sante.co.jp/2009/03/bonnesante.php

○購入にあたって気に入った点、注目した点
プレミアムモルツ自体は以前良く飲んでいたが、その黒を初めて見たので、黒ビール好きとして試したくなった。スポーツのユニフォームのようなデザインが格好良いと感じた。レジを打つ店員さんに「気になりますよね、これ」と話しかけられる注目度にも満足。

○競合
ギネスビール
 →結局これも購入したような

○使用してみての感想
酔っ払ってから飲んだのであまり覚えていない。水にこだわるサントリーらしく味がすっきりとしていて、シンプルに飲み物として美味しかったように覚えている。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
記憶があまりないので・・・でもリターンは得られた。もう一度購入しよう。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
サントリー製ビール全体やプレミアムモルツのファン。

○予想positioning
malts-black-ax.jpg

○予想競合
サッポロビール ヱビス<ザ・ブラック>
http://www.sapporobeer.jp/yebisu/theblack/
キリンビール 一番搾りスタウト
http://www.kirin.co.jp/brands/ichibanstout/index.html

○自分ならこうするかも
どうやらブロガーイベントでは通常版プレミアム・モルツとのハーフ&ハーフを推奨したようだ
http://topics.blog.suntory.co.jp/003122.html
が、麦酒男さんblogの過去記事によると工場長さん自ら「混ぜてしまうのはオススメしません」
http://draftbeer.jp/beerlist/638
と話していたようなので、ここを統一する。



Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

我何故にそれを買いしか:マラソン大会(サービス)編

写真撮影ポイントではメタルポーズを決めました。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
マラソン大会は年にハーフ3回、フル2回出場を自分に課しているため。今年から。

○こだわり
できるだけ自宅から近い場所で開催されるもの。たいてい日曜開催だから、翌日の仕事に支障出ると困るので。

○事前調査・予算設定
事前調査はrunnetにて、または昨年runnetで検索した結果から。予算は3,000円から5,000円程度。

○購入品
第16回 手賀沼エコマラソン 3,500円
http://www.teganuma-run.com/
teganuma-lake.jpg 手賀沼

teganuma-afterstart.jpg スタート前の様子

○購入場所
runnet
http://runnet.jp/

○購入にあたって気に入った点、注目した点
昨年存在を知った際には申し込みが終わっており参加できなかったので、今年こそはと思っていた。つくばから近い会場、アップダウンが少なくて走り易いらしいコースなどが良いと考えた。沼や湖の周りを走るのは快いと、かすみがうらマラソンに参加した経験からわかっていた。時期的にもつくばフル前のハーフ足慣らしにちょうど良い。

○競合
いわい将門ハーフマラソン
 →つくばフルの2週間前という疲労を取り切れなさそうな日程と、TX守谷駅から直通バスで30分かかるアクセスの悪さから、今回は見送り。でも来年は参加したい。

○使用してみての感想
台風直撃で開催が危ぶまれたが、無事走れて良かった。小雨模様のため沼の美しさを十分堪能できなかったが、沼のおかげで視界が広く開けており気持ち良く走れるコース。沿道の応援も多く、励みになった。完走後にゼッケン裏のタイム計測タグを返却するともらえるバナナが美味しかった。

teganuma-beforestart.jpg スタート後の様子。橋の上にたくさん応援の人々

teganuma-japanesedrums.jpg かわいい太鼓叩きさん達

teganuma-japanesedrums2.jpg 走りながらだとピントが合いづらいのです

○購入価格に対してのリターンが得られたか
たいして練習していなかったにも関わらず自己ベストを更新できたこともあり、リターンは得られた。ただ、TX柏たなか駅または柏の葉キャンパス駅との往復はタクシーで片道2,000円弱くらいかかったので、完全に予算オーバー。
teganuma-flag.jpg 振り込み詐欺撲滅!

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
自然溢れる場所でマラソンを走りたい東京都民。

○予想positioning
teganuma-ax.jpg

○予想競合
うーむ、どこだろうか。

○自分ならこうするかも
せっかくエコをうたっているので、参加費の一部を手賀沼浄化活動に回す、エコアクションポイントを貯められるようにする等があってもいいかな。

teganuma-soldier.jpg スタート前の将軍

teganuma-pooh.jpg プーさん現る

teganuma-witchhat.jpg ハロウィーン翌日も魔女は活動します



Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

我何故にそれを買いしか:ちゃんちゃんこ編

職場で活躍中。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
出店店頭で見て可愛いと思ったので。

○こだわり
特に無し。

○事前調査・予算設定
特に購入予定がなく衝動買いに近かったので、事前調査無し。予算設定もしていなかった。

○購入品
はんてん屋 だるまちゃんちゃんこ(遠州綿紬) 4,980円
http://www.hantenya.jp/SHOP/darumachanko_sm.html
chanchanko.jpg

○購入場所
10月に開催されたつくばスローマーケットVol.3でのはんてん屋さんブース
http://tsukubamarket.com/

○購入にあたって気に入った点、注目した点
はんてん屋さん自体は実家妹のお友達なので以前から知っていた。スローマーケットに出店することも実家妹から聞いて知っていた。挨拶して何か小さなものでも買って帰るかと思っていたところ、私と同じ時間帯に来たお客さんがこれを試着していたのを見て、その可愛さにノックアウト。職場や自宅で冷えるときにちょっと羽織るのに最適だと思った。昔の経験から半纏は着用時にもこもこして作業に向かないと考えていたので、袖無しである点が良かった。聞けば今年から作り始めた新作とのことで、ますます欲しくなった。すぐに買わずに検討時間を置こうと他の出店ブースを全部回ってから再度はんてん屋さんを訪れた際、買いたい気持ちがむしろ大きくなっていたので、即刻購入。値段は安くないけれど、冬に毎日使えばあっと言う間に元が取れると考えた。

○競合
昨冬までのように手持ちのウール製カーディガン等で済むのでは?という考え
 →ウール製セーターを着ていった日に羽織るとウールの二乗で静電気が置きやすいので、見送り

○使用してみての感想
おほほ、暖かい。そして温かい。これは今冬手放せなくなる予感がする。ベスト型なので袖周りがもたつかず、羽織ったまま普通に仕事ができる。勤務先の女性陣は皆関心を示した。こっそり付いているだるまタグがまた可愛いのよねえ。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
気持ち的には既にリターンが得られた。活用具合を考えてもすぐにリターンを得られる予感。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
手作りのもの、昔ながらのもの、和風のもの等に関心のある20-30代。あれ、私は年代しか合っていないぞ。

○予想positioning
chanchanko-ax.jpg

○予想競合
ユニクロを初めとする大手衣料品・雑貨メーカーの大量生産品。

○自分ならこうするかも
スローマーケットや筑波山麓秋まつりへの出店は、まさにターゲットどんぴしゃだと思う。後はクチコミで伝え易くする仕組みが何かあれば良さそう。でも、がっつりビジネスの論理を持ち込まないほうが温かさが伝わるようにも思う。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

我何故にそれを買いしか:ガラス瓶編

重宝しています。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
保存したい食品がいくつか出てきたため。

○こだわり
蓋がプラスチック製でないと良い。冷蔵庫に入れるものはガラス製、入れないものは木製。

○事前調査・予算設定
いくつかお店を回ったり、これまで買った実績を考えたりが事前調査かな。予算は数百円、まあ安いほうがありがたい。

○購入品
ニトリ 耐熱ガラスびん(だったかな?) 198円
http://www.nitori.co.jp/ ※商品ページが見つからないのでURLは企業本体のもの
nitori.jpg

○購入場所
ニトリ つくば店

○購入にあたって気に入った点、注目した点
梅酒を作っていた時の経験から、蓋を密閉できるタイプのガラス瓶は重宝することをわかっていた。ホームセンターにあるのはプラスチック製蓋のものばかりで、ガラス製蓋のものが欲しかった。その希望に合致し、かつサイズも複数あって選択でき、値段が驚く程安いなら、買わない手はないと思った。原価率いかほどなんだろうか・・・ デザインがごてごてしておらずシンプルな点も好感度高し。

○競合
ホームセンターにあったガラスびん
 →蓋がガラス製でなかったので見送り
無印良品 ソーダガラス密封ビン500ml
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315759514
 →これも見たのだが、購入品価格が半分以下だったのでそちらに流れてしまった

○使用してみての感想
2つの瓶にそれぞれ生姜と自家製梅干しを入れているが、まあ特に問題なし。蓋は外せるので洗いやすい。密閉容器の実力を見るにはジャムや果実酒などのかびやすい食品を入れるしかないが、まだその機会がない今はこの商品で満足している。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
普通に保存できているのでリターンは得られた。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
インテリア全般の値段を抑えたい人、またはその場合。

○予想positioning
nitori-ax.jpg

○予想競合
IKEAや無印良品。大塚家具もなのか?それより、ジョイフル本田やカインズホーム等ホームセンターとの差は木材をはじめとする資材の取り扱い有無なのか?ここの線引きが曖昧な気がするのだが。

○自分ならこうするかも
実店舗で感じる統一された雰囲気と「お、ねだん以上、ニトリ」コピーや「値下げ宣言」をうたうテレビCMから受ける安値販売のイメージがいまいちかみ合っていない気がする。私は以前100円ショップの家具店版というイメージを持っていたので、なかなか足を運ぶ気になれなかった。それを統一させたほうが良いような気もするが、辻ちゃんみたいなママが憧れだという層にはこのままで良いのかもしれない・・・。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

我何故にそれを買いしか:缶入りスープ編

冷えると温かいものが飲みたくなるとは言え。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
夕方で空腹になったのと急激に寒くなったことから、温かいスープ系飲み物が欲しくなったため。

○こだわり
もったりしたポタージュ系スープが好き。

○事前調査・予算設定
事前調査は特に無し。予算は自販機なので百と数十円。

○購入品
伊藤園 みそ汁 100円
http://www.itoen.co.jp/products/closeup.php?id=1
misosoup.jpg

○購入場所
自動販売機

○購入にあたって気に入った点、注目した点
飲みたかったのはコーンポタージュだったが、急激に気温が下がったせいか夕方18時時点で既に売り切れていた。ホットでコーヒー・紅茶以外のものがその自販機には味噌汁しかなかった。天然かつおだし使用と書いてあることもあり、まあものは試しと一度飲んでみることにした。100円だし。

○競合
伊藤園 コーンポタージュ
 →売り切れとなったものは仕方がない

○使用してみての感想
天然かつおだしは確かに使用しているようだが、その出汁のみを使ったわけではないことが缶後部の原材料欄で判明。自宅で味噌汁を作る際に化学調味料入りだしを使用しなくなって久しいので、少々味に違和感あり、というか塩辛く感じた。でも面白いよね。具入りとのことだが、飲んでいてたまにぬるっとしたものが口に当たるような気がするだけで、それがなめこなのかワカメなのかは判然とせず。単独で飲むと色々寂しいような気もするが、コンビニお握りとこの缶入りお味噌汁という組み合わせは有りだと思う。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
お試しの意味ではリターンを得られた。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
コンビニ等で出来合いのお握りを買い、自宅以外で食事やおやつとして食べる場合にセットとして。お茶を飲みたくなるはずなので、お茶は自由に煎れられるような職場や学習塾などを想定か。・・・伊藤園さんだから、これに自分のところのお茶をプラスして買ってもらおうということか?自宅で温めることが前提の缶入り高級スープセグメントを狙ったのかと思ったが、それなら自販機で販売しないものなあ。

○予想positioning
misosoup-ax.jpg

○予想競合
粉末や生タイプのインスタント味噌汁、および「缶入り味噌汁は邪道だよね」概念。新しい市場を開いたという見方も可能だよなあ・・・缶入り味噌汁が新しいスタンダードになるのかも?

○自分ならこうするかも
大手コンビニで、おにぎりとセットで買うと安くなるキャンペーンを張る。それだとひねりがないなあ。


Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

我何故にそれを買いしか:浴衣と合わせる下駄編

これも処分記念。

----------
買い物
----------

○購入の契機・理由
浴衣を新調した際に、合わせる下駄が必要だったので。

○こだわり
特に無し。浴衣が安物ではなかったので、下駄もあまり安物でないもの。

○事前調査・予算設定
ウェブで多少調査はしたように記憶している。下駄の予算は正直考えていなかった。

○購入品
メーカー不明 下駄 確か5,000円から6,000円くらいだった・・・ような・・・
japanese-sandal.jpg

○購入場所
都内某百貨店。どこの百貨店かは覚えていない。

○購入にあたって気に入った点、注目した点
紺地の浴衣を購入した際、合わせる下駄も欲しいと言ったところ店員さんが持ってきてくれた。浴衣柄にわずかながら濃いピンク色が含まれており、その分量の色と下駄の鼻緒の色を合わせる辺りが「粋」だと店員さんに言われ、その気になった。黒塗りの加工、モダンな柄の鼻緒もこのときの気分に合っていた。浴衣と合わせると予算オーバーだったが、ここまで来たらエイヤッ(この表現は古いな・・・)であった。

○競合
数年前の話なので失念。でも店員さんの言うがままだったかもしれない。

○使用してみての感想
確かに濃いピンク色の鼻緒は足に映え、紺地の浴衣にも合った。しかし、鼻緒のすげ方なのか下駄の形が足に合わないのか、長浜木履製やユニクロ製下駄ですれたことのない足指が、鼻緒に蝋を塗ったにも関わらず靴擦れ・・・鼻緒擦れを起こし、長くは履いていられないようになったのでがっくり。普段履きはほとんどせず浴衣を着るときにだけこの下駄を選択したので、あまり回数を履いていないはずだが、今年の夏歩いている最中に下駄本体にヒビが入ってしまった。値段の割に壊れるまでが速過ぎる。

○購入価格に対してのリターンが得られたか
5,000-6,000円の記憶が正しければ、たぶん20回も履いていないので元が取れていない気がする。リターンは得られなかった。今後下駄は専門メーカーのものを買うことにする。いや、この下駄も専門メーカー製なのかもしれないが。

----------
予想
----------

○予想segmentationおよびtarget
メーカー不明なのでかなり適当予想だが、浴衣含め和装全般をよく知らない人向け。

○予想positioning
メーカー不明なのでポジショニング予想は行わない。

○予想競合
-

○自分ならこうするかも
こうするもどうするも、店員さんに下駄の選び方も研修をさせて欲しい。いや、買う側としては「餅は餅屋」を選択すれば良いのか?



Clip to Evernote
posted by 渡辺理恵(twitter: RieWatanabe mixi: rw rw rw) at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 我何故にそれを買いしか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。